映画「アイアムアヒーロー」あらすじイラスト紹介

ZQNパニック映画 感染するとZQNになる!

「アイアムアヒーロー」

この作品はR15です。

大泉洋さん、有村架純さん、長澤まさみさんのアクション観られます!

2016年

原作コミック  花沢健吾

監督      佐藤信介

脚本      野木亜紀子

キャスト

鈴木英雄    大泉洋

早狩比呂美   有村架純

藪(小田つぐみ)長澤まさみ

てっこ     片瀬那奈

伊浦      吉沢悠   他

 

見どころ①

ZQN(ゾキュン)パニックシーン!

漫画家アシスタント歴が長い35歳の英雄(大泉洋)。

恋人のてっこ(片瀬那奈)とは経済的に苦しいが慎ましい同棲生活を続けている。

ある日てっこは、恐ろしいフォルムの別の生き物に変わり果て、英雄に襲いかかってくる。

てっこがZQNに!

英雄は、狩猟の趣味で保持している猟銃を持って街へ逃げ出す。

もうすでに、街中の人々はZQNになり始めている。

ZQNとは、ウイルスで人格崩壊して、肉体異常をおこした感染者のこと。

ZQNになると、人間を襲って食べる。食べられたり、噛まれたりした人間はしばらくするとZQNになり、人間を襲う。どんどんZQNが増えていく。

人々はパニックを起こし、叫び声をあげて逃げ惑う。

その時、偶然出会った女子高生比呂美(有村架純)

妙な運命共同体の意識を持った英雄と比呂美は、ZQNに何度も襲われながら都内から逃げ出す。

見どころ②

 比呂美がZQN…?(有村架純さんのアクションシーン!)

充電が切れそうな携帯のSNSから得た情報。

「標高が高い場所ではZQNに感染しないらしい。」

「富士山だとウイルスは死ぬらしい。」

嘘か本当かはわからないが、二人は富士山を目指し歩き始める。

二人で野宿をし、一晩経つと比呂美の目に異変が。

比呂美は赤ちゃんに首を噛まれていた!

見どころ③

 藪(長澤まさみさん)のアクションシーン!

エイリアンのシガニー・ウィーバーみたいでカッコ良い。

何日も山中を歩き続け富士山を目指す。

富士山に向かう途中にあったアウトレットに立ち寄ってみると、生き残った人達がコミュニティをつくっていた。

あちこちにZQNが多数さまよっている環境。人々が建物の屋上で暮らし、ZQNが地上で暮らすカオス状態の場所だった。

このコミュニティで伊浦(吉沢悠)薮(長澤まさみ)に出会う。

伊浦は、独裁的リーダー。周りの人達は彼のやり方に不満を持っている。

藪は、元看護師。強くてまっすぐでカッコ良い女性。

見どころ④  

英雄が猟銃でZQNを撃ちまくる!(大泉洋さんの真剣な顔。)

大量のZQNと猟銃一本で対峙する英雄。

頼れるのは己の腕と集中力。

冴えない35歳の英雄が、みんなを守るために決死の戦いに挑む!

 

🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾🐾

 

監督の佐藤信介さんは、この後「キングダム」でも長澤まさみさんと組んでます。カッコ良い女性が似合う長澤まさみさんはアクションもバッチリですね。

脚本の野木亜紀子さんは、小栗旬さんと星野源さんの「罪の声」で脚本を手掛けています。TVでは2020年TBSドラマ「MIU404」。毎話心温まる人間模様と冷酷な現実が絡み合った見応えのある脚本が話題になりました。

この作品は、ゾンビ映画の中でもごまかしがないタイプ(血がドバー😱💦)猟銃で撃ちまくるシーンは韓国で撮影されたとか。

大泉洋さん、有村架純さん、長澤まさみさんのレアなアクションを観られ、ストーリーもコミック原作でお墨付き、血はもう少し控えめであって欲しかったけど、大満足の作品でした💪✨

 

この映画、よかったらcheckしてみてください🐥